ZENRIN YOUTH

2011 新春講話

 

 (田口本部長) 

   『求めるより与えよ』 

~何かを求めるより与えなさい。与える人は必ず神より大いなる幸せを与えられるようになっている~

御神尊様が強くお説きになった言葉です。

 求めてそれが満たされることは確かに人間のよろこびです。しかしその多くは、あっという間に消え失せてしまう、うたかたの喜びであって、もし次に求めるものが得られなかった時、よろこびから苦痛の世界へと変わっていきます。

 そういった観点から考えると、“与える”ことによって湧き出てくるよろこびは、その出所が自分自身であるがゆえに、無限無量です。この与える者にのみ、味わうことができるよろこびこそが真実のよろこびであり、信仰のよろこびです。

 人間は生きていく上においていろいろな欲求をもっていて、もっとお金が欲しいとか、もっと綺麗になりたいとか、頭がよくなりたいとか、異性にもてたいとか、もっと出世したい認められたい-などなど、数え上げたらきりがないほどの欲求をもっています。

 その欲望自体が悪ではありません。欲があるからこそ、そこに自己の成長も人生の成功もあります。ただ問題なのは、求めてばかりで与えることを知らない心から不幸が生まれてくるということです。

 例えば、親が夫が妻が、優しくしてくれない、言ったことをしてくれないなどと不満を言う方が少なくありませんが、その前に自分は何を親に夫に妻に与えてあげようかということをまず考えていただきたいのです。

 もし、一方が相手に自分の都合のいい事ばかりを要求して、相手のために自分がしてあげられる事は何かないだろうかと考える気持ちが少しもないとしたら、その人間関係には対立以外は考えられません。両者の間には争いが生まれるだけです。

 御神尊様が“求めるより与えよ”とおっしゃっているのは、信仰の根本をさとして下さっているのです。2011年の初頭にあたり、与える心の大切さを述べましたが、本年も1人でも多くの方が神の子としての自覚をもち、与える愛の実践に生き抜かれることを願ってやみません。

 

コメントする