ZENRIN YOUTH

過去記事 for the ‘活動報告’ のカテゴリー

聚善の日(10月17日)本庁献身行

御神尊幽顕祭 御秘儀(9月29日)

御霊殿での「教祖44年祭」御秘儀は、今年も信徒参拝を見合わせ、本庁教師・職員のみで執り行われました。

そこで、69個の燈明に女子青年信徒記した「特別念願定め」が献げられ、祭典の中で継主様より「七十路御行満願の炎」が献上されました。

オンライン 宗教協力ツアー プログラム(9月5日)

9月5日、立正佼成会の青年部員と「オンライン宗教協力ツアープログラム」を行いました。

他宗教の教え御学び、自身の思考の幅や器を広げ、信仰を深めることを目的として開催。最初に、世界平和を願って黙とうを捧げ、それぞれの教団説明と礼拝。その後、グループに分かれて、青年同士で語り合いました。

このツアーを通して、互いの教義を理解し、信仰の大切さを、共有。宗教協力をもて平和活動を学び、対話と協調の心の養いました。

継主様よりお言葉

第56回 8.14式典(8月14日)

8月14日、国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑において、新宗連青年会主催の「戦争犠牲者慰霊並びに平和祈願式典」(8.14式典)が開催されました。

コロナ禍のため一般参列は自粛され、規模を縮小して行われました。

なお、式典の模様はYouTubeでライブ配信されました。

宗連加盟教団の代表として「平和へのメッセージ」を
奏上した泉 愛さん
善隣教代表として教団別礼拝を務めた木寺 大輔さん

青年研修会(8月8日)

8月8日、本庁にて、青年・学生を対象とした「青年研修会」を開催しました。

感染症対策を取り、午前中は青年と学生に分かれ、それぞれの研修タイムを過ごしました。

午後は教主様より〈なせばなる〉の御親教を拝聴。その後、道座を通して御教えを深め、信仰のよろこびを語り合いました。

最後に「青年信徒 無病息災大祈祷祭」において洗霊と御慈光をいただき、〈なせばなる〉を実践する力を授かりました。

聚善の日(7月25日)

青年部「聚善の日」に青年幹部たちが本庁へ参拝。

午前11時、継主様と偕に「善隣道場観」「祈りのことば」をお唱えし、熱祷の祈りを捧げ、 その後継主様のお言葉をいただき、善の実践に励みました。

世界平和祈願 千羽鶴(7月3日)

コロナ渦のため、昨年より「韓国 青年平和の翼」による韓国訪問を自粛しています。

そこで、「韓国原爆被害者の方々をはじめ、すべての人々が平和でありますように」と、青年を中心に平和への願いを込めた千羽鶴を折りました。

この千羽鶴を韓国原爆被害者協会へお届けし、これからも物心両面において支援をさせていただきます。

聚善の日(6月13日)

青年幹部たちは幹部会議をオンラインにて行い、その後 青年部「聚善の日」の祈りを捧げ、善の実践を行いました。





聚善の日(5月3日)

青年部「聚善の日」に青年幹部たちが本庁へ参拝。

午前11時、継主様と偕に「救顕行祈りのことば」をお唱えし、祈りを捧げました。

そして、午後からは、韓国原爆被害者協会との平和交流を、オンラインで行いました。

善隣教青年部では、社会活動として韓国原爆被害者救済活動に取り組んでおり、毎月5月「韓国 青年平和の翼」として使節団を派遣し、義捐金伝達や平和交流活動を積み重ねてきました。しかし、コロナ禍の状況を受け、今回はオンラインで、韓国原爆被爆者協会の李太宰氏と平和交流を行いました。そこで、コロナ終息と世界平和実現に向けて、互いに力を合わせていくことを誓いました。

「青年の日」聖地団参

4月11日、本庁にて「青年の日」聖地団参が行われました。

午前、聖堂にて「善隣信徒無病息災大祈禱祭」が執り行われ、洗霊と御慈光をいただき、教主様の<御親教>を拝聴。

午後は本庁施設をめぐり、各所で祈りを捧げ、最後に聖堂で楽しくふれあい閉会しました。

一日を通して、コロナ禍の不安の中で新生活や新楽器を迎える青年・学生信徒たちは、御神尊様の御神力を授かりました。